道場の歴史


東松舘道場は昭和43年に創設され、「青少年の健全育成」という理念のもと、
親子三代にわたり指導にあたってまいりました。
現在、約70名の門下生が通い、舘長、副舘長のほかにOBなども 指導にあたり、基本を重視して、
楽しい中にも厳しさのある稽古を続けております。
門下生の気魄もさることながら、後援会をはじめとする 東松舘道場を支えてくださっている、皆様の励ましに深く感謝申し上げ、
「師弟同行」の精神を以って道場を挙げて 道場理念を実践してまいります。

道場の歩み

昭和43年設立 初代舘長(故)榎本松次先生が道場を開かれる。
昭和50年 榎本高幸氏が二代目舘長就任
平成14年 全国大会初優勝(小学生の部)
平成23年 全国大会初優勝(中学生の部)
平成24年 全国大会優勝 二連覇達成(中学生の部)
平成25年  全国大会優勝 三連覇達成(中学生の部)
平成26年榎本松雄氏が三代目舘長就任